サイバー攻撃を低減させる3つの有望なソリューション

サイバー攻撃増大の主な理由は、世界でのデジタル化の拡大である。企業・組織のデジタル機器の利用拡大により、サイバーに敵対する活動も拡大している。 コロナウイルス(coronavirus)、気候変動(climate change)、そしてサイバー犯罪(cyber crime)の3つのCは、この10年に世界を襲った主要な問題です。最初の2つの問題に対しては解決策があります(政府がそれを選ぶかは別として)が、3つ目の脅威、サイバー攻撃は、その攻撃および攻撃者の悪意によるものであるため、世界の企業および政府にとって重要な課題です。... Read more

VerizonおよびAT&T、5G拡大遅延も大きな影響はない

航空機の安全性は間違いなく重要事項である。航空、通信業界共通の課題を適切に軽減すれば、Cバンド5Gの展開は可能である。     航空機の機器に影響する可能性があることから、米国連邦航空局(FAA)が延期を要望したCバンドスペクトルを活用する5G展開をVerizonおよびAT&Tは当初拒否したものの、両社は2週間延期することに合意し、また、空港近辺での利用開始を6カ月延期することにも合意しました。  ... Read more

テクノロジーコンバージェンスによる新ビジネスモデルの創出

「テクノロジーコンバージェンス」は異なる領域にある複数の技術やサービスが融合・統合していくことを指す。自社技術と世の中で注目されている新興技術との組み合わせにより、まだ確立されていない市場や満足していない顧客ニーズに対処し、新たなビジネスモデル、ソリューション、革新的な製品を創出することができ、自社の成長や新事業創出に繋げられると考る。近年、多数の先端技術の融合や統合により、次世代製造工程プラットフォームやリアルタイム検出モニター、デジタル・イモータリティ等の新規事業が創出される。     事例1:... Read more

エネルギー&電力業界の2022年の動向

フロスト&サリバンは、2022年のエネルギー&電力業界を方向づける主な動向および機会のランク付けを行いました。その中には、よりクリーンなエネルギーへの世界的なシフトにおいて重要度を増す水素の役割、引き続き不安定なガス価格、世界的なサプライチェーンに関する課題、炭素回収技術の推進、スマートエネルギーサービスの台頭などがあります。     世界のサプライチェーンの課題は継続... Read more

コロナウイルスによる車内のヘルス・ウェルネス・ウェルビーイング機能装備の加速

 コロナウイルスCovid-19の人々の健康や生活、そして経済や各業界への影響は、ここ数か月、ニュースや新聞等で毎日報道されている。自動車業界については、部品供給問題や需要減少による生産調整や工場の稼働停止が余儀なくされている。今回は別の視点からコロナウイルスの影響について考えてみたい。 過去10年、自動車業界は、電動化など環境「グリーン」に積極的に取り組んできた。今後10年は、車内のヘルス・ウェルネス・ウェルビーイング(HWW)機能「ピンク」がより注目されるかもしれない。... Read more

コネクテッドトラックとデータ活用

2019年10月に開催された東京モーターショー2019では多くの自動車メーカーや部品サプライヤーが最新技術を盛り込んだコンセプトカーなどを展示した。その中でも特にトラックはデジタル技術の発展によってコネクテッド機能の拡充が顕著にみられ、人手不足が課題となっている物流業界では期待されている分野となっている。また、5Gを利用する高速通信技術によって、大量の走行データを活用する新たなサービスも生んでいる。進化を続けるコネクテッドトラック市場の現状を整理し、今後の市場の動きについて考えてゆく。... Read more
X