インドの電気自動車の数が二輪車のセグメントにより牽引されるなか、製造能力を拡大し急増する需要に対応するために、インドの大手二輪車メーカーが戦略的パートナーシップを締結する。

インド電気自動車(EV)市場の2021年は、売上が前年から倍以上に成長する素晴らしい年でした。2022年の見通しが非常に強気であるなか、電動二輪車セグメントにおけるインド最大手のHero Electricと、同国の三輪・四輪車セグメントで支配的地位にいるMahindra Groupが、5年間の戦略的パートナーシップを締結しました。この協力により、両社はプラットフォームの共有を通して、電気二輪車の高まる需要に対応するため、2022年に年間100万台を超えるEV製造を目標とするHeroは製造能力を拡大することができ、一方Mahindra Groupは、Peugeot Motorcyclesのブランドで展開する電動バイクの開発を加速させることができます。

 

この共同プラットフォームアプローチによる展開により、Mahindraは欧州におけるPeugeot Motorcyclesポートフォリオの電動化計画を加速させるでしょう。Hero、Mahindraの両社とも、このパートナーシップが、コスト、リソース、時間、知識の最適化における相互メリットをもたらし、サプライネットワークを強化することを期待すると発表しています。

急速に変化するインドの二輪車市場に関する詳細は、弊社の調査レポート、India Electric Two-wheeler Growth Opportunities(インドの電気自動二輪車における成長機会)India Two-Wheeler Growth Opportunities(インドの二輪車市場の成長機会)Profiles of Key Electric Vehicle (EV) Manufacturers Making an Impact on the Indian Market(インド市場に影響を与える主要EVメーカーのプロファイル)をご覧ください。同レポートに関するプライベートブリーフィングの開催も可能です。ブリーフィングに関する情報は、marketing.jp@frost.comにご連絡ください。

 

フロスト&サリバンの視点

弊社の調査レポート、“Global Two-wheeler Outlook, 2021”(世界の二輪市場の見通し、2021年)には、「コロナ後の二輪車市場を成長させる戦略的提携」という見出しが付いていました。同レポートで私達は、2021年を形作るであろう、そしてその効果が2022年にも波及するであろう主な動向に注目し、メーカーの新製品開発、研究開発、協業および海外とのパートナーシップ、販売ネットワークの拡大に対する継続する投資により、電動二輪車の販売は勢いを増すと予測しました。また、重要な成長要因として、政府による電動化の政策、メーカーおよび顧客へのインセンティブの拡大を挙げました。

 

2021年、インドのEV総販売台数は前年の2倍以上、30万台を超え、過去最高の年間台数を記録しました。特に、高速電動二輪車セグメントは2021年、425%を超える成長を記録しました。

 

現在、インドにおけるEVの台数は、二輪車セグメントによって拡大を続けています。燃料価格の向上、グリーンモビリティを利用する環境および経済面のメリットに対する消費者の認知向上、充電インフラの改善が、同国において電動二輪車の導入に対してプラスの影響を与えています。

 

このような状況から、車両のコネクティビティのような周辺ドメインの注目も高まっています。先月終わりに、Borqs Technologies Inc.が、大手チップセットベンダーとの提携を発表しました。これは、インドおよび東南アジアの電動二輪および三輪車セグメントをターゲットとした、車内インフォテイメントおよびテレマティクスコントロールユニットの開発および販売を目的とするものです。

 

「FAME II(EV普及促進政策)を修正した形での政府支援が主な成長触媒になるでしょう。例えば、電動二輪車購入に対するインセンティブは、バッテリー容量のkWhあたり、1万ルピーから1.5万ルピーへと、50%上昇しました。高い初期費用を緩和させるための積極的な取り組みです。この好循環により、インドの電動二輪車の製造および需要が拡大し、現在わずか6~8%である普及率も上昇すると私達は予測します。つまり、更なる普及の機会はとても大きなものなのです」、フロスト&サリバンのモビリティ部門、パワートレインおよび電気自動車のリサーチディレクター、アンジャン・ヘマンス・クマールは言います。

 

HeroとMahindraの提携は、製造能力の拡大および製品開発の加速に貢献します。そして、個人向けおよび商用モビリティの両方からもたらされるであろう急激な需要拡大に対応するために、それぞれのパートナーを最適なポジションに立たせることができるでしょう。インドの電動バイクセグメントは、両社にとって、もう1つの成長機会です。

 

2021年、電動バイクの売上は、電動二輪車の総売上に対しわずか3%でした。それに対し、同時期、内燃機関のバイクの売上シェアは、およそ75%も占め、インドの電動バイクセグメントに非常に大きな成長の可能性があることを示しています。需要とのギャップを埋めるため、Ultraviolette Automotive、Tork Motors、Raptee Energyなどの、現地で育った電動バイクのスタートアップが最初の製品ラインナップの発売を準備しています。これにより、インドの電動バイクセグメントは、2022年に飛躍的に拡大すると予測されます。

 

2021年に大きく成長したのなら、2022年のインドの電動二輪車セグメントは、政府のインセンティブの拡大、バッテリースワップシステムの向上、新たなビジネスモデルの台頭、異なる業界の融合などにより、より大きく成長できるでしょう。目の前に電動化の年が迫っています。

 

戦略を策定し成長機会に対応するために、ぜひフロスト&サリバンとの成長パイプラインダイアローグ(Growth Pipeline Dialog™)をご利用ください。予約はこちら http://frost.ly/60o

 

 

シュラッダ・マンジュレカール

マンジュレカールは、フロスト&サリバンのモビリティ部門シニアリサーチアナリストである。彼女はMAESAおよびインドの自動車市場のダイナミクス、新たな動向、技術、市場予測、特に電動モビリティおよび新たな都市モビリティソリューション分野の専門性を有する。

 

ディーパン・チンナスワルミ

チンナスワルミは、フロスト&サリバンのモビリティ部門シニアリサーチアナリストである。自動車業界のマーケティング、販売、エネルギーおよびインフラに関する調査、そしてE-モビリティ(インド)の販売戦略、動向、開発状況の追跡に10年以上の経験を有する。

 

アムリタ・シェティ

フロスト&サリバン モビリティ部門コミュニケーション&コンテンツシニアマネージャー

 

 

         

X