【プレスリリース】
2020年2月10日
フロスト&サリバン株式会社

 

世界保健機関(WHO)は、武漢コロナウイルスの感染者数の増加により、世界的な健康上の緊急事態を宣言しました。2020年2月10日現在、40,548人以上、25か国以上が世界中で2019 Novel coronavirus (2019-nCoV)ウイルスに感染していると伝えられています。コロナウィルスは中国の武漢で発症が確認されて以来、中国全土に広がり、2月10日より中国で再開される企業活動にあたり各地で感染拡大が予想されています。

 

パニックを引き起こし、何百万人もの人々の命を奪う可能性のある感染症の広がりをヘルスIT & IoTがどのように抑制するのでしょうか。

 

感染症対策の最初のステップは検出です。
短期的対策として、空港や国境検問所で税関を通過するすべての「感染容易者」を監視する。AIセンサーを活用して、対象の検疫と迅速な治療を支援し、コロナウイルスの感染拡大を軽減します。

 

長期的対策として、国際連合、WHO、およびその他の国際機関は、世界が緊急事態になる前にこれらの感染症をいち早く発見する為の早期発見システムを開発するべきでしょう。

 

IoTとAIを活用することで、飛行機移動で日々小さくなっている世界で感染性の高い病気が急速に広がるのを防ぐ最も論理的な方法になります。

 

データ分析、人工知能(AI)、相互に接続されるモノのインターネット(IoT)は、感染症の広がりを抑えるための早期警告システムを提供することで役立ちます。アジア太平洋地域では、中国がIoTの採用を先導し、日本がそれに続き、2025年までにIoTに2,546億ドルを費やすと予想されています。

 

トピックに関するレポート:
感染症に対する次世代のワクチン技術:https://bit.ly/2UEzJvh
感染症管理を推進する新しい技術:https://bit.ly/3bsTAmT
APAC感染症のPOS検査(POCT)市場~2023年まで。ポータブルPOCTデバイスの開発を伴う結核、HIV、肝炎の増加について:https://bit.ly/2tFGkKC
グローバルワクチン市場の成長機会~2024年までの調査:https://bit.ly/2ODOJ8z

 

このトピックに関する質問は、フロスト&サリバン株式会社マーケティング部のinfo@frost.comまでご連絡下さい。

         

X