この度、グローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/以下、フロスト&サリバン)の代表取締役に山村浩(やまむら・ひろし)が就任しました。山村のリーダーシップのもと、フロスト&サリバンは、更なる成長と企業価値の向上を目指します。日本および海外における事業開発、セールスおよびマーケティングの豊富な経験から、これまで大手企業やスタートアップ企業など様々なタイプのクライアントに成功をもたらし、今後は同社の更なる成長発展へ注力していきます。

 

2019年から、山村は副社長兼COOとしてフロスト&サリバンの日本チームを指揮し、営業部門の再構築、クライアントとの関係強化と共に、アジア太平洋地域本部との連携支援に努めてまいりました。結果、過去2年において同社のマーケットシェア拡大と収益の向上に尽力してきました。

 

大学卒業後、米国でシステムエンジニアとしてキャリアをスタートさせた山村は、フロスト&サリバン入社まで、日本でIT関連分野を中心に、数々のグローバルプロジェクトの立ち上げを成功させ、複数の日本法人代表を歴任しました。山村の事業開発およびチームビルディングの経験は、フロスト&サリバンの更なる躍進、日本チームの新たな出発に貢献し、日本のクライアントに新たな価値を提供することが期待されています。

 

先ごろ、同社MEASA(中東・アフリカ・南アジア)地域マネージングディレクター兼パートナーに就任したロビン・ジョフィは、山村の前任者として、また長年のビジネスパートナーとして、後任の昇進に寄せて、次のように語っています。「山村が日本のリーダーシップを担うことを大変喜ばしく思います。彼の組織力、チームを牽引するエネルギー、そして日本で事業を成長させた実績およびクライアントに寄り添った視点は、フロスト&サリバンのブランドへの投資と成長を目指す私たちグローバルチームに、新たな機会を切り開いてくれるでしょう。優れたリーダーとしてのスキルと資質のもと、彼のフロスト&サリバンでの素晴らしい未来を楽しみにしています」。

 

山村は自身の代表就任にあたり、チームに新たな風を吹き込む確信をもって、「フロスト&サリバンは、企業の成長戦略を支援します。フロスト&サリバン ジャパンのビジョンは、グローバルな知見を活かしたリサーチ力とコンサルティングスキルによって、クライアントのビジネスを成功に導くことです。私たちは、企業の海外戦略、マーケティング戦略、そして未来へ向けた成長戦略をサポート致します。クライアント、スタッフ、そして時代と共に、さらなる成長戦略に邁進すべく、躍進し続けます」と、抱負を語っています。

 

仕事以外では、自身もプレーをする熱烈なサッカー愛好家であり、スキー、マラソン、日本庭園、プラネタリウム、アートなど多彩な趣味を楽しんでいます。

 

【略歴】山村 浩(やまむら・ひろし)

札幌生まれ。法政大学卒業後、1993年ガートナー・グループ・ジャパンの立ち上げに参画、1998年株式会社ITR取締役を務め、2017年からSoftwareOneジャパン代表取締役。2019年フロスト&サリバン ジャパン副社長兼COO、2022年6月1日から現職。

 

英語リリース:
“Hiroshi Yamamura appointed as Country Head of Frost & Sullivan Japan”

 

 

フロスト&サリバンについて(本社:米国テキサス州)

フロスト&サリバンは、60年以上に渡り、フォーチュン1,000社、行政機関、投資家に向け、持続可能な成長戦略の策定をご支援してきました。経済情勢の変化に即応すると共に、破壊的技術を見出し、新たなビジネスモデルを立案することで、将来の成功へと導く革新的な成長機会を創り出します。

 

【フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社】

設立:2014年1月
沿革:2009年3月 日本支社「フロスト&サリバン インターナショナル」設立
2014年1月 日本法人「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」設立
代表者:山村 浩(代表取締役)
所在地:〒107-6123 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル23階
URL: https://frost.co.jp/

 

ご取材に関するお問い合わせ

広報マーケティング担当 三田

T: +81 (0)50-6875-0963; E: marketing.jp@frost.com

         

X