米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「5G技術がインダストリー4.0を実現するための鍵となる触媒」について調査レポートを発表いたしました。

フロスト&サリバンの最近の分析、プロセス産業における5Gによると、4Gネットワークの限界によりインダストリー4.0において実現不可能だったことが、その実現に向けて5G技術が重要な役割を果たすことになります。5Gがもたらす高帯域幅および低遅延により、プロセス産業と戦略的5Gプロバイダーの提携が進んでいます。産業のデジタル化による組織的、経済的メリットに加え、機械学習やビッグデータ解析などの技術の低価格化が、製造業を品質および効率を向上させる技術的ソリューションの導入に向かわせます。

「インダストリー4.0およびインダストリアルIoT(IIoT)では製造プラントのスマートセンサーの数が増加し、機械間の相互通信が実現します」、フロスト&サリバン、インダストリアル部門のリサーチアナリスト、マリーナ・サラベルは言います。「5Gブロードバンドの能力により、様々なデバイスとの接続、大量のデータの同時処理が可能になり、現代の工場が必要とする、拡大するデータトラフィックの要件に対応します」。

サラベルは更に言います、「高い信頼性があって初めて、企業は適切なネットワークオペレーションに依存する自動プロセスを導入することができます。この点で、5Gはデジタル化の障壁を超え、ネットワークプロセスへの依存を可能にし、高い製造コストおよび接続の不具合による停止から企業を守ることができます」。

市場関係者は以下の点に注目すべきでしょう:

• パンデミックにより従来の対面検査からバーチャルプラットフォームへと移行した。高度な予知保全が、全ての業界の市場におけるリスクマネジメントを変革している。
• 製造業は、適切なエネルギー管理を実現するために、AI、5Gネットワーク、データ管理ソフトウェアプロバイダーと提携しなければならない。そのようなプロバイダーは、機械学習や深層データ分析などの最新ソフトウェアを活用し、収集した情報を処理し、総合的なソリューションを提供することができる。
• デジタルツインは、あらゆるオペレーションプロセスにおいて他のイノベーションと連携しなければならない。それにより、必要な財務的投資を削減し、学習曲線を短縮し、マンパワーを最小限に抑えることにより、製造業の成長機会を拡大させる。
• 自動および協業ロボットにより、製造ラインの信頼性および効率性を向上させることができる。自動化プロセスは、より高い水準と正確性により、より高い品質基準をもたらさなければならない。

プロセス産業における5Gの成長機会は、フロスト&サリバンのインダストリアルオートメーション部門の最新調査分析の一つで、Frost & Sullivan Leadership Councilを通して閲覧可能です。Frost & Sullivan Leadership Councilは、企業がこの不透明な未来で成功するための、継続した成長機会の流れを特定するためご支援します。

原文:https://www.frost.com/news/press-releases/5g-technology-a-key-catalyst-for-industry-4-0-finds-frost-sullivan/

 

【フロスト・アンド・サリバンについて】

フロスト・アンド・サリバンは独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナー。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。

 

【フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社】

設立:2014年1月
沿革:2009年3月 日本支社「フロスト&サリバン インターナショナル」設立
2014年1月 日本法人「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」設立
代表者:ロビン・ジョフィ(代表取締役)
所在地:〒107-6123 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル23階
URL: https://frost.co.jp/

 

【本リリースに関するお問い合わせ】 

フロスト・アンド・サリバン株式会社PR事務局(SivanS株式会社内)
担当:高谷
Email: press@sivans.jp

         

X