ヘルスケア分野

米国における「リアル・ワールド・エビデンス」IT ソリューションの今: 単なる製品というフェイズから、成果重視の手法への転換というフェイズに移行することでもたらされた新たな成長戦略

 

 

Early-stage R&D and commercial applications fuel the growth pipeline

初期段階での研究開発と営利目的化こそが、成長を導く鍵となる

 

 

アメリカのヘルスケア業界では、結果重視・成果重視の考え方に沿って、患者中心モデルの浸透が非常に速く進行しています。しかしながら、薬価は依然として上がり続けており、また新薬の研究成果も非常に低レベルでの推移に留まっているのが現状です。このような状況への対抗措置として今注目を集めているのが、ヘルスケア業界とITソリューションプロバイダーたちとの共同で開発された、いわゆる「リアル・ワールド・エビデンス (RWE) 」と呼ばれる手法です。人工知能 (AI) やクラウド上の計算リソースなどといった、新たな現代的手法が組み合わされることにより、常にエビデンスが要求される新薬開発現場で、官民共同で組み上げられた広範囲に及ぶデータの更なる蓄積拡大に拍車がかけられているのです。

 

 

本レポートでは、米国内でのRWE IT ソリューション市場に関して、主たる成長機会、市場収益の今後の動向、そしてこの業界を今後牽引していくであろう最新のトレンドなど、フロスト&サリバン社の先進ヘルスケア・チームによる数々の詳細な分析をご用意いたしました。RWEは、この技術をリードする人材や企業と共に、医薬品業界、バイオテクノロジー業界、医療技術評価のための様々な評議会や審議会、さらに米国食品医薬品局(FDA)に至るまで、ヘルスケア業界内での最大の焦点の一つとなってきています。ここでは、業界内での技術革新のトレンドや、競合状況、そして弊社にて厳選した代表的参入企業の各能力別評価、といった項目も併せてカバーしております。

 

IT業界の方々、個人投資家、学者の方々、そして保健関連の政府機関の方々にとって、この調査報告書は、米国RWE IT ソリューション市場の現状と収益の可能性を正しく理解する上で、非常に有益な情報源になることでしょう。米国RWE市場の中で、どのような適用法とサービス提供分野が最大の収益を上げ、かつ急速に成長しているのかについても、この報告書の中で詳細に取り上げています。さらに加えて、今回の新型コロナウィルスによるパンデミックが、どこまで市場収益性に影響を及ぼす可能性があるのか、といった面にまで議論を広げました。

 

また最後には、人工知能(AI)による臨床データの収集・分析、収益性向上のためのクラウド技術の応用、そして臨床中・臨床後における安全な監視体制のためのネット接続デジタル機器の利用、といった面を中心に、フロスト&サリバン社の先進ヘルスケアチームによる、新たな成長戦略への議論を掲載いたしました。

 

以上のように、この調査報告書では、RWE IT ソリューション市場の収益構造や、この市場における参入企業とその競合状況、そしてこの市場内における最大の成長機会といった様々な面で、洞察に満ちた分析が行なわれています。企業経営者の方々が、戦略的判断を下していく上で、今後欠かすことのできない、優れた資料となることでしょう。

 

著者: Amol Dilip Jadhav

         

X