フロスト&サリバン、調査レポートを発表:パンデミックにより加速したデジタルトランスフォーメーションおよびオートメーションの導入拡大が、インドのIoT市場を推進する

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」について調査レポートを発表いたしました。... Read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:2027年までアジア太平洋地域の企業向けビデオ会議市場を中華圏が支配する

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「2027年までアジア太平洋地域の企業向けビデオ会議市場を中華圏が支配する」について調査レポートを発表いたしました。... Read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」について調査レポートを発表いたしました。    ... Read more

VerizonおよびAT&T、5G拡大遅延も大きな影響はない

航空機の安全性は間違いなく重要事項である。航空、通信業界共通の課題を適切に軽減すれば、Cバンド5Gの展開は可能である。     航空機の機器に影響する可能性があることから、米国連邦航空局(FAA)が延期を要望したCバンドスペクトルを活用する5G展開をVerizonおよびAT&Tは当初拒否したものの、両社は2週間延期することに合意し、また、空港近辺での利用開始を6カ月延期することにも合意しました。  ... Read more

テクノロジーコンバージェンスによる新ビジネスモデルの創出

「テクノロジーコンバージェンス」は異なる領域にある複数の技術やサービスが融合・統合していくことを指す。自社技術と世の中で注目されている新興技術との組み合わせにより、まだ確立されていない市場や満足していない顧客ニーズに対処し、新たなビジネスモデル、ソリューション、革新的な製品を創出することができ、自社の成長や新事業創出に繋げられると考る。近年、多数の先端技術の融合や統合により、次世代製造工程プラットフォームやリアルタイム検出モニター、デジタル・イモータリティ等の新規事業が創出される。     事例1:... Read more
X